acheterfreerunchaussures.com

日給で働く仕事をする

日給制に対する残業代について

日給で働く仕事をする アルバイトでもパートでも、仕事をしていると必ず時間通りに終わらないことも多くあります。始業時間は決まってはいますが、仕事が時間内に終わらなかったり何らかのトラブルで急ぎの仕事がふえてしまったりと、残業をしなくてはならない場合も出てきます。正社員などの場合は月給制で働いているため、残業した場合は残業代の支払いもきっちり計算されて給与に加算されます。ですが日給制の場合は1日の給与が決まっていることが多いので、残業した場合に残業代はどうなるのか気になる人も多いです。日給は基本的に働く時間と支払われる給与が決まっているため残業自体は殆どありません。

ですがやはりイレギュラーな残業が発生した場合、日給制であっても残業した分の給与は支払われる義務が発生します。国の規定としては1日の働く時間は8時間となっていますので、それ以上の時間を働いた場合は残業とみなされ25%の割増賃金が発生します。その為、日給制で残業になりやすい仕事などは、事前の契約の段階で残業が発生した場合も含めての給与が設定されている事が多くあります。または日給制で決められた時間以上の残業は認めないということで、仕事が終わっていなくても仕事を終了させることもあり、極力残業にならないようにします。それ以外の場合は会社に確認して、残業の支払いがどうなるのか確認するのが一番確実です。

注目情報